Android Studioで作成したアプリをスマホ本体でテストする方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
データセンター

Android Studioで作成したアプリをテストする際にはエミュレーターで行うことが多いと思いますが、スマートフォン本体(実機)を使ってもテストすることができます。

環境構築

Android Studioにて最低限エミュレーターが実行できるようにしておくとスムーズです。

Androidアプリの開発環境を構築する手順
Androidアプリの開発に必要なWindows10の環境をまとめます。JDKのインストールからAndroid Studio 2.0の初期設...

事前準備

Android Studioで作成したアプリをスマートフォン本体にインストールし実行するには準備が必要です。

SDKのインストール

スマートフォン本体(実機)と同じAndroidバージョンの『SDK Platform』をインストールします。

  1. Android Studioのツールバーにて『Tools』→『Android』→『SDK Manager』をクリックします。

    Android Studio→New Project

  2. SDK ManagerのSDK Platformsよりスマートフォン本体と同じ『Androidバージョン』を選択し『OK』をクリックします。

    Android Studio→SDK Manager→SDK Platforms

  3. インストールが完了したら『Finish』をクリックします。

    Android Studio→SDK Manager→SDK Platforms→インストール完了

SDKのインストールは以上です。

Google USB Driverのインストール

Android Studioにスマートフォン本体(実機)を認識させるためにドライバーをインストールします。

  1. SDK ManagerのSDK Toolsより『Google USB Driver』を選択し『OK』をクリックします。

    Android Studio→SDK Manager→SDK Tools

  2. インストールが完了したら『Finish』をクリックします。

    Android Studio→SDK Manager→SDK Tools→インストール完了

Google USB Driverのインストールは以上です。

実機でアプリを動作させる

USBケーブルを使って接続する

  1. スマートフォン本体の『設定』→『開発者向けオプション』より『USBデバッグ』をオンにします。

    Androidスマートフォン→開発者向けオプション

  2. スマートフォン本体に “USBデバッグを許可しますか?” と表示されたら内容を確認し問題が無ければ『OK』をクリックします。

    so-02g-usb-debug-alert

USBケーブルを使って接続するやり方は以上です。

プロジェクトを実行する

基本的にはエミュレーターでの実行方法と変わりません。

  1. Android Studioより『Run』もしくは『Debug』のどちらか一方をクリックします。

    Android Studio→プロジェクトの実行

  2. “Device Chooser” より『Choose a running device』を選択しUSB接続したスマートフォン本体が表示されていることを確認したら『OK』をクリックします。

    Android Studio→Device Chooser→スマートフォン本体

    “The selected device is incompatible.”などとエラーが表示され一覧の “Compatible” 欄も “No,minSdk” とエラーが表示される場合にはスマートフォン本体の『USBデバッグ』がオンになっていないかUSBデバッグを許可していないのが原因と思われるのでUSB接続からやり直します。

    Android Studio→Device Chooser→スマートフォン本体→エラー

  3. Android Studio上でアプリがビルドされスマートフォン本体に自動的にインストールされた後、自動的に起動します。

    Androidスマートフォン→テストアプリのインストールAndroidスマートフォン→テストアプリの実行

プロジェクトの実行は以上です。

まとめ

エミュレーターはどうしても挙動が重くなるので、パソコンのスペックが低い場合にはエミュレーターを実行することができない場合もあります。そういった場合にはスマートフォン本体で直接実行したほうが開発がしやすいでしょう。