Eclipseの日本語化プラグインを導入する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
データセンター

Javaの統合開発環境であるEclipseは、デフォルトでは英語で表示されています。開発自体は日本語でも問題が無いので、わざわざ日本語化する必要も無いですが、慣れないと見にくいと感じる場合には日本語化すると良いでしょう。

日本語化のプラグインは色々とありますが、『Pleiades – Eclipse プラグイン日本語化プラグイン』を紹介しています。

Eclipseのインストール

このページで紹介しているのは日本語化のやり方です。Eclipseをまだインストールしていないという場合には以下を参照してください。

自宅でプログラミングの勉強をしたいと思っても、開発環境を整えるのは意外と難しいものです。特に言語が決まっていないのであればJavaを使うのが...

日本語化プラグインのインストール

日本語化プラグインは、通常のプラグインと違いフォルダーにコピーするだけで完了と言うわけにはいきません。

ダウンロード

  1. Pleiades – 統合開発環境 Eclipse 日本語化プラグイン』にアクセスし “Pleiades プラグイン・ダウンロード” より『最新版』をクリックします。

    Web→Pleiades→TOP

    「ダウンロードページが開かない」「ダウンロードページが真っ白」と言う場合には、リンクを右クリックして『新しいタブで開く』または『新しいウィンドウで開く』をクリックしてみてください。

  2. ダウンロードページより『pleiades.zip』をクリックするとファイルがダウンロードされます。

    Web→Pleiades→ダウンロード

ダウンロードは以上です。

インストール

  1. ダウンロードしたzipファイルを展開(解凍)しeclipseのインストールフォルダーへコピーします。

    Win10→Eclipseフォルダー

  2. インストールフォルダーにある『eclipse.ini』を開き以下2行を追記します。
    -Xverify:none
    -javaagent:plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar
    
  3. また、任意ですが『eclipse.ini』の以下2行を削除するとPleiadesのスプラッシュ画像が表示されるようになります。
    -showsplash
    org.eclipse.platform
    

    スプラッシュ画像とは、起動時やロード時に表示される画像の事です。開発自体に影響はないので好みに応じて切り替えると良いでしょう。

  4. 初回のみインストールフォルダーにある『eclipse.exe -clean.cmd』を用いて起動します。

    Win10→日本語化Eclipse

    次回以降の起動は通常通りで問題ありません。

インストールは以上です。

日本語化するとだいぶ見やすくなります。ただし、解説サイトなどでは日本語化していないEclipseを用いて解説している場合もあるので、必ずしも日本語化をした方が良い訳ではありません。

スポンサーリンク

シェアする