情報処理技術者試験を受けてきた

本 コラム

2019年04月21日に行われた平成31年度春期 情報処理技術者試験に行ってきました。受験した試験区分は “情報セキュリティマネジメント試験(SG)” で、午前・午後の2部構成の試験でした。

注意事項等は、受験票に記載されているので良く確認しておきましょう。

当日までにすること

4月に行われる春期の試験は同年の1月から2月にかけて行われており、インターネット上から申し込みを行いました。

受験票は受験日の同月上旬(春期は4月上旬)に届きます。この受験票には試験前・試験中・試験後に必要な情報が記載されているので、内容をよく確認しておきましょう。また、受験票には試験会場が記載されていますが、送付後に変更となる場合もあるので公式ホームページなどを確認しておきます。

受験票には写真(証明写真など)を張り付ける箇所があるので、当日までに撮影・貼り付けを行っておきます。写真が無いと当日に試験を受けることができません。また、当日に写真を撮ろうとする場合、試験会場近くのスピード写真機(証明写真機)などは同様の人で溢れ撮影までに時間がかかる場合もあるので、事前の準備をオススメします。

用意するもの

情報処理技術者試験に限らず「試験を受けたことが無い」と言う人は別ですが、いわゆる “試験” と同じと考えて差支えは無いでしょう。

ただ、午前・午後に分かれる試験区分を受験する場合には昼食を準備する必要があるので注意してください。また、試験会場によっては土足厳禁のため上履き(スリッパなど)が必要な場合もあります。

筆記用具は、HB・Bの鉛筆(シャープペンシル可)に消しゴムに加え、必要に応じて鉛筆削りなども持ち込むことができます。

時計は試験会場に備わっている場合もありますが、場所によっては無かったり見にくかったりするので腕時計などをオススメします。ただし、スマートウォッチなどの類は禁止されているので注意してください。もちろん、スマートフォンを時計代わりにすることもできません。

後述しますが、試験の当日は不正行為対策として、スマートフォンの類を全てカバンにしまい足元へ置く必要があるため、少し大きめのカバンを持って行ったほうが良いでしょう。また、床に直接置くことになるので汚れても良いカバンがオススメです。

過去には電卓も持ち込むことができましたが昨今では持ち込むことができなくなりました。

試験の当日

当日の天気や試験会場によって異なりますが、試験会場の気温や湿度はコントロールされていない場合が多いので、自分でコントロールできるようにな服装がオススメです。また、脱いだ上着などを置いておく場所は無い場合が多いので、カバンにしまうことを考えて用意すると良いでしょう。

試験の開始20分前ぐらいに事前説明が行われるため、それまでに着席しておく必要があります。説明中にスマートフォンの類は全て電源をオフにしてカバンにしまい足元へ置くよう指示されます。机の上におけるものは試験に必要なもの(筆記用具など)のみなので注意してください。

試験時間中でも試験を終了させて退出することができますが、試験開始後と試験終了前の一定時間に定められているので注意してください。退出可能時刻になると一番に退出する人が少なからず居ますが、あれは「早々に諦めた」「試験問題が目当て(解答速報を作るなど)」の人なので気にせず自分のペースで解答していきましょう。ちなみに、諦めて帰るのは別として途中退出しても居場所が無いことが多いので、途中退出せずに見直しなどをして時間をつぶすのがオススメです。

受験票は合格発表の確認に使用するので、試験終了後も保管しておきましょう。

解答は公式サイトに掲載されるので、必要に応じて確認しておきましょう。

合格発表

合格発表は試験区分によって異なりますが、基本情報技術者試験(FE)や情報セキュリティマネジメント試験(SG)は翌月下旬(春期は5/22ごろ)、応用情報技術者試験(AP)や情報処理安全確保支援士試験(SC)は翌々月下旬(春期は6/21ごろ)に行われます。

発表は公式サイトより “合格者受験番号一覧” または “成績照会” から確認することができます。確認に必要な情報は受験票に記載されています。

合格者には合格証書が送付されてくるので、それをもって確認とする人も多いでしょうが、何らかのトラブルによって「届かない」と言う場合もあるので、合格発表の確認はしておくことをオススメします。

感想

冒頭にも記載しましたが、今回は情報セキュリティマネジメント試験を受験してきました。参考書1冊と過去問題集1冊しか勉強できなかったので難しく感じた部分はありますが、解答に迷ったのは全体の1割も無かったので合格ラインは超えていると思いたいです。

当日は日中の気温が20度程度と過ごしやすいかと思いきや、試験会場は空調が機能していなかったので暑く集中力が削がれがちでした。過去に受験した際には寒かった時もあるので、服装には充分に注意が必要です。

同室の受験者の中に「写真を貼っていない」と言う人が何人かいました。撮影して戻ってくることも可能でしたが、スピード写真はあるようで無いことが多く、残念ながら戻ってくる人はいなかったです。安くない受験料がもったいないので、注意したほうが良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました