4Kテレビで見られるコンテンツとは?

パソコンモニター 家電

家電量販店にテレビを買いに行っても “4K” はもちろん “2K” や “HD”、“フルHD” などと書かれていてよくわかりません。2018年12月01より始まった新4K8K衛星放送ですが、お持ちの “4Kテレビ” では「4K画質で見られない」かもしれません。

4Kテレビで4Kは見られない?

4Kのディスプレイを使えば「4Kで映像が見られる」と言うのは間違いではありませんが、4Kディスプレイで2K(フルHD・フルハイビジョン)の動画を見ても「2K動画は2K画質しかない」ので4K画質で見ることはできません。

2K画質の動画は “それ以上(4Kや8K)の解像度を持つディスプレイ” で見ても2K画質でしか表示することができません。そのため、4Kやや8Kのテレビを充分に活用するためには、4K画質8K画質の映像コンテンツが必要になります。

新4K8K衛星放送

2020年の東京オリンピック・パラリンピックを見越して、2016年08月01日からNHKによる4K・8Kの試験放送がBS-17と呼ばれるチャネル(チャンネル)で放送され、2018年12月01日より新4K8K衛星放送が始まりました。

「4Kテレビや8Kテレビで見られるでしょ?」と思う人も多いでしょうが、過去に販売されていた4Kテレビや8Kテレビは「4Kや8Kの映像を表示できる」だけで、4Kや8Kの専用チューナーが無いと新4K8K衛星放送を受信して視聴することはできません。

ただ、2018年の後半からチューナーの一般販売がSONYなどのメーカーより行われているので、これを接続することでチューナーなしの4Kテレビ(8Kテレビ)でも新4K8K衛星放送を見ることができるようになります。

ソニー BS/CS4Kダブルチューナー 地上デジタル BS 110度CS DST-SHV1
ソニー BS/CS4Kダブルチューナー 地上デジタル BS 110度CS DST-SHV1
Amazon

Blu-ray(ブルーレイ)

登場してから日がたつわりには普及していないBlu-ray(ブルーレイ)ですが、多くのBlu-ray(ブルーレイ)では解像度が2K(1920×1080)なので、4Kテレビの画質には届いておらず適したコンテンツとは言えません。

ただ、昨今では4K対応の次世代ブルーレイディスク規格であるUltra HD Blu-rayが登場したことにより、4Kテレビ(4Kディスプレイ)での視聴に耐えうるコンテンツとなりました。

このため、4Kテレビで「性能を最大限に発揮した映像を視聴する」ためには、Ultra HD Blu-ray規格の製品を購入すると良いでしょう。

ちなみに青いので勘違いしやすいですが『Blue-ray』では無く『Blu-ray』が正しい表記となるので注意してください。

DVDは意味がない?

「大きな画面で迫力ある映画を見たい」と言って4KディスプレイでDVDを視聴する人が居ますが、これはあまり意味がありません。

そもそも、DVDの解像度は720×480で記録されています。この解像度で記録された映像を再生時に4:3の時は640×480、16:9の時は853×480に変換して表示されています。これを4Kテレビで見ると3840×2160に無理やり拡大して表示するので綺麗に見られるわけがありません。デジカメで撮影した写真をパソコンやスマートフォンで拡大してみるとイメージしやすいでしょう。

ちなみに、720×480はフルHD(フルハイビジョン)はおろかHD(ハイビジョン)ですらないので、一般的に普及している地デジ対応テレビで見るのすら無理があるということです。

次世代の高画質技術

4Kテレビが当たり前のように販売されている昨今では、さらに高画質な次世代技術 “HDR” を搭載した製品も販売されているので、購入する際には仕様をよく確認したうえで選択するようにしたほうが良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました