使わなくなったパソコンをリサイクルする方法

キーボード ライフハック

パソコンを新調したことから、これまで使用していた古いパソコン(Panasonic Let’s note)を処分することにしました。パソコンの処分方法は資源有効利用促進法(パソコンリサイクル法)によってリサイクルが義務付けられており、手順が決まっているので “燃えないゴミ” などとして捨ててはいけません。

資源有効利用促進法ってなに?

パソコンはゴミとして処分するのではなく「リサイクルするもの」として資源有効利用促進法(いわゆるパソコンリサイクル法)によって定められています。

リサイクルする義務はパソコンメーカーに課せられており、パソコンメーカーは販売したパソコンを回収しリサイクルする必要があります。そのため、ユーザーが使わなくなったパソコンを廃棄する場合には、製造メーカーに回収してもらう必要があります。

パソコンをリサイクルするには費用が必要ですが、その費用は比較的に新しいパソコンに限り購入時に “パソコン代金” に含まれている場合がほとんどで、この場合にはパソコン本体にパソコンリサイクルマークが表示(またはシールで添付)されているので確認しておきましょう。ただし、古いパソコンや法人モデルなどパソコンリサイクルマークが無い場合には、機種によって3,000から5,000円程度の費用が別途必要になります。

PCリサイクルマーク

メーカー製パソコンの処分手順

今回は、例として使わなくなったLet’s note(Panasonic製)を処分してみました。

家庭用パソコンについて記載しています。会社など事業用のパソコンリサイクルは別に定められていますので注意してください。

再利用可能な部品を取り外す

パソコンをリサイクルする際にはハードディスクなどが入っていなくとも良いので、HDDやメモリーなど再利用したいものは取り外しておきましょう。特にHDDは専用ケースを購入すれば “外付けハードディスク” として利用できるのでオススメです。

HDD/SSDケース
HDD/SSDケース
Amazon

また、HDDも含めて処分対象とする場合、データが残っていると万が一に情報漏えいの危険性があるのでデータ消去(または物理的な破壊)を行うと良いでしょう。

参考 パソコンのHDDに記録されたデータを復元できないように消去する方法

メーカーに申し込む

パソコンを販売しているメーカーは法律に従い回収するための手段を用意しており、電話はもちろんインターネット経由でも申し込むことが可能です。

パナソニック→PCリサイクル

発送

リサイクル費用の入金が必要な場合には入金確認後、しばらくするとゆうパック伝票が届きます。

対象のパソコンを梱包し、送付された “ゆうパック伝票” を張り付けたら郵便局(集荷もしくは窓口に持ち込み)から発送すれば完了です。

また、梱包にはルールがあるので詳細は『梱包と回収について :: PC3R』を参照してください。

タイトルとURLをコピーしました