Windows 10で外付けストレージを暗号化する方法

ハードディスク パソコン

Windows 10には “BitLocker” と呼ばれる機能があり、外付けストレージ(USBメモリーなど)を暗号化してロックすることができます。Windows 10に搭載された機能を使うため、別途にアプリケーションなどは不要です。

BitLockerとは?

USBメモリーやHDD/SSDなどのデバイスに保存されているデータを丸ごと暗号化する機能です。暗号化にはWindows 10 Pro以上のエディションが必要ですが、暗号化の解除はWindows 10 Homeでも可能です。

外付けストレージの紛失による情報漏洩など話題に上ることがありますが、暗号化をすることでリスクを減少させることができます。リスクを “0(ゼロ)” にすることはできませんが、暗号化せずに持ち歩くよりはセキュリティーレベルは高いでしょう。

Windows 10に搭載された機能であるため、別途にアプリケーションをインストールする必要は無いので、パスワードを入力して暗号化を解除すれば保存されたデータを閲覧することができます。

暗号化する手順

  1. エクスプローラーの “PC” などから『(対象のドライブ)』を右クリックします。

    Windows 10→エクスプローラー→PC

  2. 表示されたコンテキストメニューより『BitLockerを有効にする』をクリックします。

    Windows 10→エクスプローラー→PC→コンテキストメニュー

  3. “このドライブのロック解除方法を選択する” より選択の上で『次へ』をクリックします。
    今回は『パスワードを使用してドライブのロックを解除する』を選択しました。

    Windows 10→BitLocker→ドライブ暗号化

  4. “回復キーのバックアップ方法を指定してください。” より指定の上で『次へ』をクリックします。
    今回は『ファイルに保存する』を指定しました。

    Windows 10→BitLocker→ドライブ暗号化

  5. “ドライブを暗号化する範囲の選択” より選択の上で『次へ』をクリックします。
    今回は『ドライブ全体を暗号化する』を選択しました。

    Windows 10→BitLocker→ドライブ暗号化

  6. “使用する暗号化モードを選ぶ” より選択の上で『次へ』をクリックします。
    今回は『互換モード』を選択しました。

    Windows 10→BitLocker→ドライブ暗号化

  7. “このドライブを暗号化する準備ができましたか?” より問題が無ければ『暗号化の開始』をクリックします。

    Windows 10→BitLocker→ドライブ暗号化

  8. “暗号化が完了しました。” より『閉じる』をクリックします。

    Windows 10→BitLocker→ドライブ暗号化

暗号化するやり方は以上です。

暗号化を解除する手順

  1. エクスプローラーの “PC” などから『(対象のドライブ)』をダブルクリックします。

    Windows 10→エクスプローラー→PC

  2. 表示されたダイアログより “パスワード” を入力し『ロック解除』をクリックします。
    パスワードを忘れた場合は、暗号化する際に保存した『回復キー』を用いて解除することができます。

    Windows 10→BitLocker→ドライブ暗号化解除

暗号化を解除するやり方は以上です。

パスワードの変更パスワードの解除BitLockerを無効にするにはコントロールパネルから設定します。

BitLockerを設定する手順

  1. コントロールパネルより『BitLockerドライブ暗号化』を選択します。

    Windows 10→コントロールパネル

  2. BitLockerドライブ暗号化より『回復キーのバックアップ』『パスワードの変更』『パスワードの解除』『スマートカードの追加』『自動ロック解除の有効化』『BitLockerを無効にする』を選択します。

    Windows 10→コントロールパネル→BitLockerドライブ暗号化

BitLockerを設定するやり方は以上です。

リスクを “0(ゼロ)” にするなら「使わない」と言う選択をすべきで、使う以上はリスクを限りなく “0” に近づける努力をすべきでしょう。

タイトルとURLをコピーしました