Windows 10でIPv6を無効にする方法

パソコンモニター パソコン

パソコンなどからインターネットへ接続するのに必要な “IP” は、2019年の現在ではIPv4とIPv6の2つが存在しています。一般的に意識する必要はありませんが、IPv6での接続に際して「エラーが発生する」「接続できない」などのトラブルに見舞われたらIPv6を無効にしてみると解決するかもしれません。

IPv4とIPv6の違い

IPアドレスとは、パソコンなどがインターネットへ接続するための住所となるもので、インターネットへ接続している全てのデバイスに割り当てられています。

このIPアドレスは、当初にIPv4と言われるIPアドレスで構成されていましたが、インターネットへ接続する機器が世界中で増大したために、割り当てられる数に限界が訪れました。そこで、IPv4をバージョンアップさせ割り当てられるIPアドレスの数を膨大に増やしたのがIPv6です。

ただ、新しくなったIPv6に対応していなかったりと少なからずトラブルも発生しており、場合によっては「インターネットへ接続できない」「エラーが発生する」と言ったことも多々あります。その場合、設定によってIPv6を無効にしIPv4で接続するようにすれば解決するかもしれません。

IEやEdgeなどでINET_E_RESOURCE_NOT_FOUNDエラーが発生した場合、IPv6を無効にすることで改善するようです。

IPv6を無効にする手順

  1. 設定より『ネットワークとインターネット』を選択します。

    Windows 10→設定

  2. ネットワークとインターネットの “状態” より『アダプターのオプションを変更する』を選択します。

    Windows 10→設定→ネットワークとインターネット→状態

  3. ネットワーク接続より “(対象のネットワークアダプター)” を右クリックし『プロパティ』を選択します。

    Windows 10→コントロールパネル→ネットワーク接続

  4. (ネットワークアダプター)のプロパティより『インターネット プロトコル バージョン 6(TCP/IP)』のチェックを外します。

    Windows 10→コントロールパネル→ネットワーク接続→アダプターのプロパティ

IPv6を無効にするやり方は以上です。

IPv6を無効にして改善する場合、不具合(バグ)であることが多いので、アップデートなどで修正されたら有効に戻してみると良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました