[Twitter API][その1] Twitter APIを使うために登録しました

スポンサーリンク
スポンサーリンク
データセンター

そろそろ、なにかアプリを作りたいなぁと思っていまして、練習がてらTwitterアプリを試作してみようかと。まず、手始めにTwitter APIに登録をしてみました。

Twitter APIの登録

Twitter APIを使うために必要になるアプリの登録を行います。

  1. https://dev.twitter.com/appsにアクセス。

  2. 自分のユーザIDとパスワードを使用してログイン。

  3. 「create new app」をクリック。
    create-new-app

  4. 登録するアプリの情報を入力します。
    application-details2

    Name:
    登録するアプリの名前です。認証する時に表示されます。
    Description:
    アプリの説明を書きます。
    Website:
    アプリのWebサイトがあれば入力します。なければ、自分のTwitterページのURLでも入れておきましょう。
    Callback URL:
    OAuth認証後のリダイレクト先のURLを入力します。AndroidアプリではOAuth認証後にアプリにリダイレクトさせるので、ここでは適当なURLでOKです。ただし、未入力にすると「oauth_callbackは指定できません。」というエラーになるので必ず入力するようにしましょう。

  5. 入力が終わったら「Yes, I agree」にチェックを入れて「create your twitter application」をクリックします。
    create-your-twitter-application

  6. permissions→accessの「Read and Write」にチェックを入れます。この設定をしないとツイートの投稿などのAPIが使えずにエラーになってしまいます。
    permission-access

  7. Keys and Access Token→Application Settingsの「Consumer Key (API Key)」と「Consumer Secret (API Secret)」をメモしておきます。
    api-token

今回はここまで。