Ubuntu 14.04に『Swift 2.2』をインストールする方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
データセンター

2015年12月にSwift 2.2がオープンソース化されました。Linux(Ubuntu)でも起動するようなのでお試しでインストールしてみました。

お試しでインストールしていますので不正確な手順があります。正確な手順は公式サイト『Swift.org』を参照してください。

Swift 2.2のオープンソース化

Swift 2.2のオープンソース化については「プログラミング言語『Swift 2.0』がオープンソース化されたのでiOSアプリがMac以外でも作れるようになるかも?」を参照してください。

Ubuntu 14.04のインストール

2015年12月現在ではSwift 2.2をインストールできる環境はApple Platforms(OS X)とLinux(Ubuntu 15.10、Ubuntu 14.04)のみです。そのため、Ubuntu 14.04上で実行してみました。
実際に使うわけでは無いので仮想環境を構築して実行しています。Ubuntu 14.04のインストールについては「Ubuntu 14.04の仮想ハードディスクイメージを使ってVirtualBoxで起動する」を参照してください。

Swift 2.2のインストール

ダウンロード

  1. Swift.org』へアクセスし「Ubuntu 14.04 Swift 2.2 Snapshot」と「Signature」をダウンロードします。

ダウンロードは以上です。

端末(ターミナル)を起動する

Swift 2.2のインストールはコマンドを入力して行うので端末(ターミナル)を起動します。

  1. 左上のアイコンをクリックします。

    Ubuntu「デスクトップ」

  2. 検索ボックスに「term」と入力し、表示された「端末」をクリックします。

    Ubuntu「検索→term」

  3. 端末(ターミナル)が起動します。

    Ubuntu「端末(ターミナル)」

端末(ターミナル)の起動は以上です。

必須パッケージのインストール

Swift 2.2はUbuntu 14.04のデフォルトのままでは動作しないので必要な必須パッケージをインストールします。

  1. 以下のコマンドを入力実行し必須パッケージをインストールします。
    sudo apt-get install clang libicu-dev
    

    Ubuntu「必須パッケージのインストール」

必須パッケージのインストールは以上です。

PGP署名の確認

ダウンロードしたファイルが改ざんされていないか確認します。

この項目はよくわかっていないので不正確です。

  1. 公式よりPGPキーをインポートします。
    wget -q -O - https://swift.org/keys/all-keys.asc | gpg --import -
    

    Ubuntu「Swiftキーの取得」

  2. キーを更新します。
    gpg --keyserver hkp://pool.sks-keyservers.net --refresh-keys Swift
    

    Ubuntu「Swiftキーの更新」

  3. ダウンロードしたファイルが改ざんされていないか確認します。
    gpg --verify swift-2.2-SNAPSHOT-2015-12-01-b-ubuntu14.04.tar.gz.sig
    

    Ubuntu「Swiftキーの確認」

    指定するファイルはダウンロードしたタイミングによって異なります。

PGP署名の確認は以上です。

インストール手順

  1. ダウンロードしたファイルを展開(解凍)します。
    tar xzf swift-2.2-SNAPSHOT-2015-12-01-b-ubuntu14.04.tar.gz
    

    Ubuntu「Swiftの展開(解凍)」

  2. 任意ですが扱いやすいようにディレクトリ名を変更します。
    mv ./swift-2.2-SNAPSHOT-2015-12-01-b-ubuntu14.04 swift-2.2
    

    Ubuntu「Swiftのディレクトリ名変更」

  3. swift-2.2の“bin”ディレクトリへ環境変数(PATH)を設定します。
    export PATH=/home/(ユーザー名)/swift-2.2/usr/bin:"${PATH}"
    

    Ubuntu「Swiftの環境変数PATHの設定」

    環境によって異なります。

インストールは以上です。

Swift 2.2を実行する

  1. 「swift」と入力し実行すると端末(ターミナル)に“1>”と表示されます。

    Ubuntu「Swiftの実行」

実行は以上です。

『:help』と入力すればコマンドの一覧が表示されます。

まとめ

これで実行環境は整いました。特に何かを作ったわけでは無いのでビルド等をするわけではありませんが、いずれ“Hello World”ぐらいは作ってみようかと思います。