AMP対応したサイトを通常に戻す方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
プログラム→HTML

自身のもつWebサイトをAMP対応したは良いが、メリットが見いだせずに「止めたい!」と思うことがあります。単純に消すだけでもいずれは元に戻りますが、できるだけ無駄が無いようにしたいものです。

表示を高速にする仕組み

AMPとは “Accelerated Mobile Pages” の略で、GoogleによってWebサイトがキャッシュ(保存)され、閲覧者に対して非常に高速に表示してくれる仕組みです。

そのため、閲覧者には非常に魅力的でメリットの高い仕組みですが、Webサイトの制作者からすると「AMP対応するのが面倒」「思うようなデザインにできない」と言ったデメリットも目立ちます。

かく言う私も流行りに乗ってAMP対応したWebサイトがありましたが、思い描いたものとは違いデメリットが多かったので、一旦止めることにしました。

AMP対応を止める手順

amphtmlを削除する

AMP対応したページには、通常サイトに “amphtml” を記載することでAMP用ページのURLを記載していますが、これを削除します。

<link rel="amphtml" href="https://mtfield.net/web-disable-amp/?amp=1" />

これによって、通常サイトからAMP用ページへの導線が切れることになります。

リダイレクト

AMP用ページは消すことになるので、AMP用URLから通常URLへリダイレクト(301または302)します。この時、すべてのページをリダイレクトするのは面倒なので、.htaccessにて正規表現を用いると簡単です。

RedirectMatch /(.*)/\?amp.* /$1/

しばらくすると、Google検索の結果ページよりAMPページが表示されなくなっていることが確認できるでしょう。また、Search ConsoleのAMPレポート(検索での見え方→Accelerated Mobile Pages)でも確認することができます。

残ったAMP用ページに関しては、ほとぼりが冷めたころに消しておきましょう。

どれくらいで消えるのか?

1000ページ近くあるWebサイトのAMP用ページをすべて止めましたが、3日ぐらいで9割のキャッシュが削除されました。一旦は急激にキャッシュ削除が進みますが、その後に緩やかとなるので、すべて消えるのには1週間から10日程度は見ておいたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする