Googleの検索結果から不要なサイトを消す方法

Webサイトの検索結果には自分の好みに合わない “Webサイト” が表示されることがありますが、誤ってWebページに遷移してしまわないよう検索結果から削除してしまいましょう。

スポンサーリンク

検索結果から除外するには?

長年にわたってインターネットを使用していると「お気に入り」となるWebサイトに出会うことがありますし、逆に「気に入らない」と感じるWebサイトに出会うこともあります。

Web検索を行った際、好みのWebサイトだけが表示されるのが一番ですが、どうしても好みでないWebサイトが表示されてしまうことがあり、場合によっては「絶対にアクセスしたくない」と思うようなサイトもあるでしょう。

このような時には、ChromeやFirefoxなどの拡張機能(アドオン)であるゴシップサイトブロッカーを使って除外すると便利です。

この拡張機能(アドオン)はPersonal Blocklistの代替として使えるでしょう。

ゴシップサイトブロッカーの使いかた

ゴシップサイトブロッカーはChrome版とFirefox版があり、各Webブラウザにインストールすることで使用することができます。今回は例としてChrome版を用います。

インストールする手順

  1. 対象のWebブラウザより “ゴシップサイトブロッカー(Chrome版 / Firefox版)” にアクセスし『Chromeに追加/Firefoxに追加』をクリックします。

    Web→Chrome ウェブストア

  2. ダイアログ “「ゴシップサイトブロッカー」がChromeに追加されました” が表示されればインストールは完了です。

    Web→Chrome ウェブストア

インストールするやり方は以上です。

インストールが完了すると右上にアイコンが表示されるようになります。

ブロックする手順

  1. 通常の通りにWeb検索を行い “ブロックしたいサイト” が表示されていたら『このページをブロックする』をクリックします。

    Web→検索結果→ゴシップサイトブロッカー

  2. 表示されたダイアログより “このドメインをブロック(対象のWebサイト全体)” や “このページをブロック(対象のWebページのみ)”などを選択し『ブロック』をクリックします。
    プルダウンの “ソフトブロック” と “ハードブロック” の違いは、ソフトブロックが検索結果より一時的に解除することができるのに対して、ハードブロックは検索結果から完全に消されます。

    Web→検索結果→ゴシップサイトブロッカー

ブロックするやり方は以上です。

ブロックしたサイトを解除したり変更したりする場合にはオプションから設定することができます。

オプションを設定する手順

  1. Chromeの右上に並んだアイコンより『ゴシップサイトブロッカー』を右クリックします。

    Windows 10→Chrome

  2. 表示されたメニューより『オプション』をクリックします。

    Windows 10→Chrome

  3. ゴシップサイトブロッカーのオプションを設定できます。

    Windows 10→Chrome→ゴシップサイトブロッカー→オプション

オプションを設定するやり方は以上です。

あまり多くのWebサイトをブロックしてしまうと必要な情報が見つからないような状態になりかねないので、どうしてもブロックしたいサイトだけを登録すると良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました