Windows 10を機内モードに設定する方法

昨今のパソコンには “Wi-Fi” や “Bluetooth” と言った電波を発する機器が搭載されていますが、利用が許可されていない場所も多々あるので電波を発しない機内モードを活用すると良いでしょう。

スポンサーリンク

機内モードとは?

Wi-Fiを始めBluetoothなどのワイヤレス通信を一括でオフにできる機能を機内モード(フライトモード)と呼びます。

その名のとおり、もともとは飛行機など電波を発してはいけないような場所に持ち込む際に設定するモードです。昨今では飛行機の機内でもWi-Fiが使えたりするので、名称に違和感があるかもしれません。

古いバージョンのWindowsでは、それぞれのデバイスを1つ1つ設定する必要がありましたが、機内モードを使えば一括でオン/オフを切り替えることができます。

機内モードを切り替える手順

  1. 画面の右下にあるタスクトレイより『アクションセンター(吹き出しアイコン)』を選択します。

    Windows 10→タスクバー

  2. アクションセンターより『機内モード』をクリックします。
    画像は “オフ” の状態でクリックすることで “オン” に切り替えることができます。

    Windows 10→アクションセンター

機内モードを切り替えるやり方は以上です。

パソコンの機種によっては、本体に機内モードの切り替えスイッチが搭載されており、そちらが優先される場合があるので注意してください。

タイトルとURLをコピーしました