古いパソコンでwindows 10が動作するか確認する方法

パソコンモニター パソコン

Windows7やWindows8.1を使用しているパソコンをWindows 10へアップグレードする際には、ハードウェアが対応しているかを確認しておく必要があります。

Windows 10無償アップデート

無償アップデートできるWindows 10は正式版であり試用版ではありません。

Windows 10無料アップデートは2015年7月29日から行われます。アップブレードがスムーズに行われるようにアップブレードの予約を行うことができます。

無料アップデートの期間は 1 年間で、Windows7とWindows8.1が対象となります。システム要件はチェックツール(チェックプログラム)を用いてチェックすることができます。

システム要件をチェックする手順

システム要件をチェックするチェックツール(チェックプログラム)は「Windows 10を入手する」通知から起動することができます。

  1. タスクトレイアイコンの『(通知)』をクリックします。

    Windows 7→タスクトレイ

  2. 表示されたウィンドウの左上のアイコンをクリックします。

    Windows 7→Windows 10を入手する

  3. 表示されたサイドメニューから「PCのチェック」をクリックします。

    Windows 7→Windows 10を入手する

  4. 自動的にパソコンをチェックし画面に結果が表示されます。

    Windows 7→Windows 10を入手する

以上で完了です。

Windows 10はタブレットPCでも動作するように設計されているので、古いパソコンでも “Windows7” や “Windows8.1” が問題なく動作していたのであればシステム要件に関しては問題ないでしょう。もし、少々貧弱かなと思ったら、メモリを増設したりSSDに換装したりすれば快適に動作するかもしれません。