Windows 10で特定のWi-Fiに自動接続しないようにする方法

パソコンなどで使用するWi-Fiは、Wi-Fiスポットに一度でも接続すると接続情報(アクセスポイント)が保存され自動接続されるようになっているものが多いですが、町中のWi-Fiスポットではトラブルになることも多いので自動接続しないよう “オフ(無効)” に設定すると良いでしょう。

スポンサーリンク

Wi-Fiのセキュリティー対策

一般的にWi-Fiへの接続を設定すると、次回以降は自動的に接続されるようになっています。自宅や会社のWi-Fiであれば便利な機能と言えますが、フリーWi-Fiスポットなどで利用する場合には注意が必要です。

Wi-Fiが接続するアクセスポイントは、それを識別するためのSSIDを任意に設定することができるため、悪意を持ってWi-Fiのアクセスポイントを設置すると、フリーWi-Fiスポットに「なりすます」ことが可能です。このため、Wi-Fiへの自動接続が有効になっていると、意図せずに接続が行われ最悪の場合には情報漏洩などの危険を伴います。

そこで、特定のWi-Fiには自動接続しないように設定しておくと安心でしょう。

自動接続をオフにする手順

  1. 画面の右下にあるタスクトレイより『Wi-Fiアイコン』を選択します。

    Windows 10→タスクバー

  2. アクセスポイント一覧の “(対象のアクセスポイント)” より『自動的に接続』のチェックを外します。
    接続中の場合には切断します。

    Windows 10→Wi-Fiアクセスポイント

自動接続をオフにするやり方は以上です。

自動接続をオフ(無効)にしたアクセスポイントへは手動で接続することができます。

手動で接続する手順

  1. 画面の右下にあるタスクトレイより『Wi-Fiアイコン』を選択します。

    Windows 10→タスクバー

  2. アクセスポイント一覧の “(対象のアクセスポイント)” より『接続』をクリックします。

    Windows 10→Wi-Fiアクセスポイント

手動で接続するやり方は以上です。

自宅や会社のWi-Fiであっても “SSID” や暗号化の “キー(パスワード)” が漏洩している場合には危険な場合もあるのでセキュリティー設定に注意してください。

タイトルとURLをコピーしました