Windows 10のOneDriveを無効にする方法

ハードディスク パソコン

Windows 10にはクラウドストレージサービス “OneDrive” のアプリがデフォルトでインストールされていますが、OneDrive以外のクラウドストレージサービスを使用している場合など不必要であれば無効にすることができます。

OneDriveとは?

Microsoftが提供するクラウドストレージサービスです。

Windows 10にはデフォルトでプリインストール(プレインストール)されており、Microsoftアカウントを使ってログインするだけで、すぐに使うことができます。

ただ、同様のサービスに “Googleドライブ” を始め “Dropbox” や “iCloud” などがあるので、すでに別のクラウドストレージサービスを使用しているので「使わない」という場合には無効化することもできます。

OneDriveを無効にする手順

このやり方は “ローカルグループポリシーエディター” を用いるためWindows Homeでは実行できません(Pro以上)。
  1. Winキー+Rキーを同時に押下し “ファイル名を指定して実行” より『gpedit.msc』を入力します。

    Windows 10→ファイル名を指定して実行→gpedit.msc

  2. ローカルグループポリシーエディターの “管理用テンプレート” → “Windows コンポーネント” → “OneDrive” より『OneDrive をファイル記憶域として使用できないようにする』をダブルクリックします。

    Windows 10→ローカルグループポリシーエディター→管理用テンプレート→Windows コンポーネント→OneDrive

  3. 表示されたダイアログより “有効” をチェックして『OK』をクリックします。

    Windows 10→ローカルグループポリシーエディター→管理用テンプレート→Windows コンポーネント→OneDrive

OneDriveを無効にするやり方は以上です。

Windows 10のパソコンとスマートフォンでファイルのやりとりをする場合などに便利なので、まだ使ったことが無い人は無効化する前に1度使ってみることもオススメします。