新しいブラウザMicrosoft Edgeを使ってみる

パソコンモニター パソコン

Windows10から登場した新機能の1つが新しいブラウザである Microsoft Edge です。なかなかの使いにくさから嫌われ者になっていますが、しっかりと使ったことのある人は少ないのではないでしょうか。

Microsoft Edgeとは

MicrosoftがWindows10向けに提供している新しいブラウザであり、Internet Explorerの後継ブラウザです。ウェブ標準に対応することを重視しており軽量なウェブブラウザになるように設計されています。

Win10には2つのブラウザがある

Windows10には『Microsoft Edge』の他にInternet Explorer 11がプレインストールされています。そのため、当初からMicrosoft Edgeでは無くIE11を使っていて、Microsoft Edgeをまともに使ったことがないという人も多いでしょう。

Microsoft Edgeの使い方

デフォルトのまま使用しても良いですが、せっかく使用するのであれば自分好みに設定しておくと良いでしょう。

設定画面を開く方法

  1. Microsoft Edgeを起動したら右上の をクリックします。

    Win10→Microsoft Edge→TOP

  2. 表示されたメニューより 設定 をクリックします。

    Win10→Microsoft Edge→メニュー

  3. 設定画面が表示されます。

    Win10→Microsoft Edge→設定

設定画面を開くやり方は以上です。

初期設定をする

起動時に表示するページを指定する

これまでのInternet Explorerと同様に起動時に表示するページを指定することができます。指定できるのは『スタートページ』、『新しいタブ ページ』、『前回開いたページ』、『特定のページ』です。

Win10→Microsoft Edge→設定

『特定のページ』を指定すれば、好みのページを自分で指定することができます。

Win10→Microsoft Edge→設定→スタートページの設定

新しいタブを開いた時のページを指定する

Microsoft Edgeはタブブラウザなので1つのウィンドに対して複数のページを開くことができます。新しいタブを開く方法はウィンドの上部に表示されている + をクリックします。

Win10→Microsoft Edge→TOP

この新しいタブに対してどのページを設定するかを指定できます。設定より 新しいタブを開いたときに表示するページ を『トップサイトとおすすめのコンテンツ』、『トップサイト』、『空白のページ』から選択することができます。

Win10→Microsoft Edge→設定→スタートタブの設定

詳細設定をする

設定より 詳細設定を表示 をクリックするとさらに細かい設定をすることができます。

Win10→Microsoft Edge→設定→詳細設定

『ホーム』ボタンを表示する

詳細設定より 『ホーム』ボタンを表示するオン にするとホームボタンが表示されます。また、入力欄(『about:start』と書かれているところ)を書き換えることで任意のページを表示させることもできます。

Win10→Microsoft Edge→設定→詳細設定→ホームボタンを表示する

ポップアップブロックのオン/オフを設定する

詳細設定より ポップアップをブロックする から オン/オフ を切り替えることができます。

Win10→Microsoft Edge→設定→詳細設定→ホームボタンを表示する

ブラウザの ポップアップブロック は便利な機能ですが一昔前のWebサービスなどではポップアップブロックが有効(ポップアップがブロックされる状態)だと正常に機能しないこともあります。その場合にには ポップアップブロックを無効にする と良いでしょう。

原則的には 有効 にしておくことをオススメします。Webシステムが正常に動作しないなど支障がある場合のみ無効にすると良いでしょう。

Adobe Flash Playerのオン/オフを設定する

詳細設定より Adobe Flash Playerを使う から オン/オフ を切り替えることができます。

Win10→Microsoft Edge→設定→詳細設定→ホームボタンを表示する

AndroidやiPhoneではAdobe Flash Playerが使えないようになっています。そのため、WebサイトもAdobe Flash Playerを使用しないコンテンツを作成していることが多いので不要であればオフに設定すると良いでしょう。

検索プロバイダーをGoogleへ変更する

Microsoft Edgeではアドレスバー(URLが表示されているところ)に検索語を入力することで検索をすることができます。デフォルトではMicrosoftの検索エンジンである Bing で検索されるようになっていますが、「Googleの検索エンジンを使いたい」と言う場合は詳細設定より変更することができます。

詳細設定より アドレスバーでの検索時に使う検索プロバイダー変更 をクリックします。

Win10→Microsoft Edge→設定→詳細設定→検索エンジンの変更

検索エンジンのリストが表示されるので Google検索 をクリックし 規定に設定 をクリックします。

Win10→Microsoft Edge→設定→詳細設定→検索エンジンの変更(Google)

リストに設定したい検索エンジンが表示されない場合には、一度Microsoft Edgeから該当の検索エンジン(Googleなど)で検索した上で設定画面を開くと表示される可能性があります。

お気に入りの使い方

これまでのブラウザと同様にお気に入り(ブックマーク)を使うことができます。詳細は以下を参照してください。

参考 Microsoft Edgeで『お気に入り』を管理する方法

閲覧履歴の使い方

閲覧履歴の使い方は少々解りにくいので、詳細は以下を参照してください。

参考 Microsoft Edgeで『閲覧履歴』を管理する

まとめ

設定できる項目はまだまだ少ないので発展途上なブラウザと言う印象が強いです。バージョンアップが進むにつれて使いやすくなってくるとは思います。

タイトルとURLをコピーしました