Windows 10で エクスペリエンスインデックス を使う方法

検索 パソコン

Windows7にあったWindowsエクスペリエンス インデックスがWindows8以降にはありませんが、画面上に無いだけでWindows8.1、Windows 10でも実行させることはできるんです。

スポンサーリンク

エクスペリエンス インデックスとは?

Windowsエクスペリエンス インデックスとは、パソコンがWindowsでどの程度動作しているかを測定・評価するシステムです。

Windows7には搭載されていましたが、Windows8以降(Windows8.1、Windows 10)には搭載されていないため、Windows7からWindows 10へのアップデートで、どの程度スコアが変わったか確認することができませんでした。

しかし、画面上から消えているだけでWindowsエクスペリエンス インデックス自体を稼働させて測定・評価することはできます。

エクスペリエンス インデックスを実施する

実行手順

  1. コマンドプロンプトでコマンド『winsat.exe formal』を実行します。

    Windowsエクスペリエンス インデックスの評価

    ノートパソコンなどバッテリー駆動の状態では「バッテリで実行されている間は、Formal 評価を実行できません」とエラーが表示されるので、電源に接続してから再度実行してください。

  2. Windowsエクスペリエンス インデックスの計測がスタートするので、終了するまでしばらく待ちます。

    Windowsエクスペリエンス インデックスの評価

実行手順は以上です。

評価確認

コマンドプロンプトで実行したWindowsエクスペリエンス インデックスの評価は画面に表示されるわけでは無くxmlファイルとして以下の保存先に保存されます。

C:\WINDOWS\Performance\WinSAT\DataStore\[日付時間] Formal.Assessment (Recent).WinSAT.xml

xmlファイルを直接確認しても問題は無いですが、慣れていないと見にくいだけなので、少し見やすくします。

  1. スタートメニューより『Windows PowerShell』を起動しコマンド『Get-CimInstance Win32_WinSat』を実行します。

    Windowsエクスペリエンス インデックスの評価確認

    Windows PowerShellはスタートメニューの『すべてのアプリ』から起動することができます。

  2. Windowsエクスペリエンス インデックスの評価を確認することができます。

    Windowsエクスペリエンス インデックスの評価確認

評価確認は以上です。

まとめ

Windows7で実行したWindowsエクスペリエンス インデックスとWindows 10で実行したWindowsエクスペリエンス インデックスを比較すると、Windows 10の方がパフォーマンスは良いようです。

タイトルとURLをコピーしました