Windowsにおける日本語の変換テクニック

キーボード パソコン

日本語には “漢字” や “ひらがな” はもちろん “カタカナ” などがあります。それに加えて “英語” を組み合わせることもあり、パソコンのキーボードから文字を入力すると、変なところで切られて変換されたりと色々な苦労があるものです。

日本語変換の難しさ

単語の場合

日本語は、“ひらがな(カタカナ)” で書けば同じ文字列でも “漢字” にすると別の意味になる言葉が多くあります(いわゆる同音異義語)。例えば、“こうせい” は『厚生』や『構成』、『恒星』などと漢字で書くことができます。
これらの様な “単語” であれば、パソコンのIME(日本語入力ソフト)が候補を表示してくれるので候補の中から選択するだけですが、これが文章となると難しくなります。

文章の場合

“ここではきものを” を変換すると、“ここで履き物を” もしくは “ここでは着物を” のどちらかに変換されることが多いでしょう。例えば、“ここで履き物を” と変換するつもりが “ここでは着物を” と変換されてしまうと、漢字変換の位置が “ここでは|着物を” となるので、本来変換したい “ここで履き物を” が変換候補に表示されることがありません。

こうなってしまうと、一旦すべてを削除してから『ここで』『はきものを』と入力・変換し直すしか無いと思う人も多いでしょうが、実は変換の区切り位置は変更することができます。

最近のIMEは非常に賢いので変換区切りが違う場合でも候補に表示されることがあります。ちなみに上記の例では、ちゃんと変換候補に表示されるので、あくまでもと捉えてください。

適切な位置で漢字変換する手順

例とした前述した “ここではきものを” を『ここで履き物を』に変換します。

変換の区切りを変更する場合

キーボードのshiftorを使用します。

  1. キーボードから『ここではきものを』を入力します。

    日本語の変換→区切りを替える

  2. 入力した文字列を『スペース』を押下して変換すると “ここでは着物を” と変換されます。

    日本語の変換→区切りを替える

  3. “ここでは|着物を” と変換されているので『shift』を押下すると変換の区切りが1つ左にズレて “ここで|は着物を” となります。

    日本語の変換→区切りを替える

  4. 変換の区切りがズレた状態で『スペース』を押下して再変換すると “ここで履物を” と変換することができます。

    日本語の変換→区切りを替える

変換の区切りを変更するやり方は以上です。

“ここではきものを” を “ここで履物を” に変換することができました。しかし、“履物” では無く “履き物” に変換したいですが、現在の変換対象は “ここで” になっているので、このまま変換しても “ここで” が変換されるだけなので、変換対象を変更する必要があります。

変換の対象を変更する場合

Ctrlキーとorキーを使用します。

  1. 変換対象にはアンダーラインが太く表示されるので、“ここで|履物を” の場合では “ここで” が変換対象になっていることがわかります。

    日本語の変換→区切りを替える

  2. この状態で『Ctrl』を押下すると変換対象が右にズレて “履物を” が変換対象になります(アンダーラインが太くなる)。

    日本語の変換→対象を替える

  3. 変換対象が切り替わった状態で『スペース』を押下して再変換すると “履き物を” と変換することができます。

    日本語の変換→対象を替える

変換の対象を変更するやり方は以上です。

慣れていないと結構難しい変換テクニックですが、慣れてしまえば便利な機能なのでオススメです。