VirtualBoxをWindowsへインストールする方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
データセンター

社内システムのテスト用にLinux環境を作ろうかと思っているのですが、Windowsがインストールされたパソコンでデュアルブートするのは面倒だったのでVirtualBoxをインストールすることにしました。

ダウロード

  1. Downloads – Oracle VM VirtualBox』へアクセスし「VirtualBox 5.0.10 for Windows hosts」よりダウンロードします。
  2. VirtualBox - Download

ダウンロードは以上です。

インストール

ダウンロードしたファイルをダブルクリックして実行します。

  1. インストーラーが起動するので「Next」をクリックします。

    VirtualBox「インストーラー起動」

  2. インストール内容を確認し問題がなければ「Next」をクリックします。

    VirtualBox「インストール→内容」

  3. セットアップ内容を任意に設定し「Next」をクリックします。

    VirtualBox「インストール→内容→セットアップ」

  4. インターネットが一時的に切断されますので問題がなければ「Yes」をクリックします。

    VirtualBox「インストール→内容→セットアップ→インターネット切断」

  5. このままインストールを継続するのであれば「Install」をクリックします。

    VirtualBox「インストール→内容→セットアップ→インターネット切断→開始」

  6. インストールの途中でデバイスのインストールが行われますので問題がなければ「インストール」をクリックします。

    VirtualBox「インストール→内容→セットアップ→インターネット切断→開始→デバイスのインストール」

  7. インストールが完了したら「Finish」をクリックします。

    VirtualBox「インストール→内容→セットアップ→インターネット切断→開始→デバイスのインストール→完了」

インストールは以上です。

まとめ

VirtualBoxはLinuxのテスト環境を構築するには最適なツールです。デュアルブートや専用のパソコンを用意するのは抵抗があるという人はインストールしてみてください。

スポンサーリンク

フォローする