Windows10にPHPの開発環境を整える手順

スポンサーリンク
スポンサーリンク
データセンター

ローカルのパソコンにPHPの開発環境を整える必要が出てきたので、XAMPPを使って簡単に構築してみました。最新のバージョンではMySQLが使えなかったので『バージョン5.6.12』を使用します。

XAMPPとは?

PHPはもちろんPerlの実行に必要なフリーソフトウェアを “1パッケージ” に纏めたソフトウェアです。本番環境では無く開発用(または学習用)の用途で使われることが多いです。ただ、外部に公開せずローカル環境(社内LANなどのイントラネット)において使用されることもあります。

ちなみに、XAMPPには “X”=Windows、Linuxなどのクロスプラットフォーム、“A”=Apache、“M”=MySQLまたはMariaDB、“P”=PHP、“P”=Perlの意味があります。

ダウンロード方法

2016年4月現在の最新バージョンは『7.0.4』のようですが、データベースがMySQLでは無く “MariaDB” が使われています。今回は『MySQL』を用いるためMySQLが入った最終バージョンである『5.6.12』をダウンロードしました。

  1. SourceForgeの『XAMPP | SourceForge.net』にアクセスし『Files』をクリックします。

    Web→XAMPP→ダウンロード

  2. ファイルはOS別に分かれています。今回はWindows上で実行するので『XAMPP Windows』をクリックします。

    Web→XAMPP→ダウンロード

  3. バージョンのリストより『5.6.12』をクリックします。

    Web→XAMPP→ダウンロード

  4. パッケージのリストより『xampp-win32-5.6.12-0-VC11-installer.exe』をクリックします。

    Web→XAMPP→ダウンロード

ダウンロードのやり方は以上です。

インストール方法

インストール時のエラー

It seems you have an antivirus running. In some cases, this may slow down or interfere the installation of the software. Please visit the following link to learn more about this.

Continue with installation?

アンチウィルスソフト(ウィルス対策ソフト)がインストールされていると表示されるエラーです。一時的に停止すればエラーは表示されなくなります。

Important! Because an activated User Account Control (UAC) on your system come functions of XAMPP are possibly restricted. With UAC please avoid to install XAMPP to C:\Program Files (x86) (missing write permissions). Or deactive UAC with config after tis setup.

UAC(ユーザーアカウント制御)のレベルが高い場合に表示されるエラーです。インストール自体は継続できますが、書き込み権限が無いなどの理由でトラブルが発生することがあります。インストール後にUACを無効にするかユーザーディレクトリ配下にインストールする必要があるかもしれません。

インストール手順

  1. ダウンロードしたファイルを実行し『Next』をクリックします。

    Win10→インストール→XAMPP

  2. 必要なコンポーネントを選択し『Next』をクリックします。

    Win10→インストール→XAMPP

  3. インストールするフォルダーを選択し『Next』をクリックします。

    Win10→インストール→XAMPP

  4. XAMPPの他にインストールしたいものがあればチェックを付け『Next』をクリックします。

    Win10→インストール→XAMPP

    今回はXAMPPのみをインストールするのでチェックを外して進めています。

  5. インストールを継続する場合には『Next』をクリックします。

    Win10→インストール→XAMPP

インストールのやり方は以上です。

起動方法

起動時のエラー

Port 80 in use by “Unable to open process” with PID ~

Apache(Webサーバー)がデフォルトで使用するポート80が、別のアプリケーションによって使用済みである場合に表示されるエラーです。ポート80を使用しているアプリケーションを停止させるか、それができなければApacheが使用するポートを変更します。

  1. XAMPPを起動し “Apache” の『Config』をクリックし表示されたメニューから『Apache(httpd.conf)』をクリックします。

    Win10→起動→XAMPP→設定

  2. テキストエディタが開くので “Listen 80” を『Listen 8080』などへ変更し保存します。
    # Listen: Allows you to bind Apache to specific IP addresses and/or
    # ports, instead of the default. See also the <VirtualHost>
    # directive.
    #
    # Change this to Listen on specific IP addresses as shown below to 
    # prevent Apache from glomming onto all bound IP addresses.
    #
    #Listen 12.34.56.78:80
    Listen 8080
    

    “8080” は別のアプリケーションで使用されていない番号(“81”など)であれば任意で問題ありません。

起動手順

  1. XAMPPを起動し“Apache” と “MySQL” の『Start』をクリックします。

    Win10→起動→XAMPP→停止

  2. 無事に起動すると“Apache” と “MySQL” が緑色にかわります。

    Win10→起動→XAMPP→起動

  3. 動作確認のため、ブラウザを起動し『http://localhost:8080』にアクセスしエラー無く画面が表示されれば完了です。

    Win10→ブラウザー→XAMPP

起動のやり方は以上です。

これで、PHPとMySQLの開発環境が構築できました。ドキュメントルート(C:/xampp/htdocs)に動作させたいファイル(.phpや.htmlなど)を保存すればブラウザで表示できます。