Windowsパソコンを “マウス” だけで操作する方法

マウス パソコン

パソコンを操作するには、主に “マウス” と “キーボード” を用います。しかし、「キーボードが壊れた!」など何かしらの理由によってキーボードが使えない状態になってしまうと不便です。そこで、新しいキーボードを購入するまで『スクリーンキーボード(ソフトウェアキーボード)』を使えるようにしておきましょう。

スクリーンキーボードとは?

パソコンに接続している(物理的な)キーボードを使わずに、文字などの入力を行うために備わっている機能です。ソフトウェア(アプリ)で提供されており、起動すると画面にキーボードが表示され、マウスでクリックすることで文字を入力することができます。

Win10→スクリーンキーボード

そのため、主に「ソフトウェアキーボード」や「ソフトキーボード」と呼ばれることが多いですが、Windowsではスクリーンキーボードと呼称しています。

スクリーンキーボードを使う手順

  1. 設定より『簡単操作』をクリックします。

    Win10→設定→簡単操作

  2. 簡単操作のキーボードより『スクリーンキーボードを有効にする』をオンに設定します。

    Win10→設定→簡単操作→キーボード→スクリーンキーボード

  3. 画面上に “キーボード” が表示されます。

    Win10→スクリーンキーボード

スクリーンキーボードを使うやり方は以上です。

もちろん、スクリーンキーボードだけで操作するのは難しいと思うので、新しく購入することをオススメします。

東プレ REALFORCE R2 テンキーレス 日本語配列 静電容量無接点方式 USB 荷重45g レーザー刻印 かな表記なし ブラック R2TL-JP4-BK
東プレ REALFORCE R2 R2TL-JP4-BK
Amazon

また、マウスが使えなくなった場合には、キーボードだけで操作することも可能です。

参考 パソコンを “キーボード” だけで操作する方法

タイトルとURLをコピーしました