Windows 10にXサーバーを導入してLinuxのGUIプログラムを実行する方法

プログラム→HTML パソコン

Windows 10のアップデートによりWindows上でLinuxのプログラムを実行できるようになりました(WSL:Windows Subsystem for Linux)が、初期状態だとCUIプログラムでしか動作させることができないので、Windowsに “Xサーバー” をインストールしてGUIプログラムが動作するようにしてみます。

Xサーバーとは?

Linuxにおいて “X” と言えばX Window Systemを指すことが多く、これがGUI環境における基本の機能を提供してくれます。

このX Window Systemは “クライアント” と “サーバー” に分かれており、WSLがXクライアントにあたるので、Windows 10にXサーバーをインストールすると、WSL上でGUIプログラムの動作が可能になります。

Windows 10上で使える “Xサーバー” はいくつかありますが、今回はフリーで使えるVcXsrvを使ってみました。

Xサーバーをインストールする手順

  1. WebブラウザよりSourceForge.netにアクセスし “VcXsrv” のインストーラーをダウンロードします。

    Web→sourceforge→vcxsrv

  2. インストーラーより “インストールオプション” を選択します。

    Windows 10→インストール→vcxsrv

  3. インストーラーより “インストール先” を選択します。

    Windows 10→インストール→vcxsrv

  4. インストールが完了したら『close』をクリックします。

    Windows 10→インストール→vcxsrv

Xサーバーをインストールするやり方は以上です。

Xサーバーを起動する手順

今回、選択項目は全てデフォルトのままとしました。
  1. XLaunchの “Display Settings” より任意に選択します。

    Windows 10→vcxsrv

  2. XLaunchの “Client startup” より任意に選択します。

    Windows 10→vcxsrv

  3. XLaunchの “Extra settings” より任意に選択します。

    Windows 10→vcxsrv

  4. XLaunchの “Finish configuration” より『完了』をクリックします。
    設定内容を保存する場合には『Save configuration』をクリックします。

    Windows 10→vcxsrv

Xサーバーを起動するやり方は以上です。

起動したXサーバーは、タスクトレイから確認することができます。

WSLからXサーバを利用する手順

  1. WSLより環境変数 “DISPLAY” を設定します。
    export DISPLAY=:0.0
    

WSLからXサーバーに接続するやり方は以上です。

GUIプログラムの動作確認

WSLには “X” で動作するプログラムはプリインストール(プレインストール)されていないので、必要に応じてパッケージをインストールします。

sudo apt install x11-apps

パッケージのインストールが完了したらGUIプログラムを実行してみます。

xeyes

Linuxでは御馴染み(?)の “目玉” がエラー無く表示されれば問題ありません。

Windows 10→WSL→VcXsrv→目玉

タイトルとURLをコピーしました