インストールした『Android Studio 2.0』の初期設定をする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
データセンター

Windows10にAndroid Studioのインストールをしましたが、Android Studioはインストール後に初期設定をする必要があります。

Android Studioのインストール

Android Studioをまだインストールしていない場合には以下を参照してください。

2016年4月8日にAndroid アプリの統合開発環境のメジャーアップデート版「Android Studio 2.0」が正式にリリースされ...

初回起動

パソコンの環境によって初回起動時の画面が違うようなので、以下に示す手順と違う場合には画面の内容をよく読み臨機応変に対応するようにしてください。

過去にAndroid Studioをインストールしている場合、データが残っていると引き継ぐかどうかのダイアログが表示されます。引き継ぐ場合には『I want to import my settings from a previous version』を選択し、引き継がない場合には『I do not have a previous version of Studio or I do not want to import my settings』を選択し『OK』をクリックします。
Win10→Android Studio→初回起動→インポート→設定

  1. Android Studioを起動し『No Android SDK』と表示される場合には『Next』をクリックしてダウンロードします。

    Win10→Android Studio→初回起動

  2. 追加ダウンロードするコンポーネントを選択し『Next』をクリックします。

    Win10→Android Studio→初回起動

  3. 確認画面が表示されるので、内容を確認し問題が無ければ『Finish』をクリックします。

    Win10→Android Studio→初回起動

  4. ダウンロードが完了したら『Finish』をクリックします。

    Win10→Android Studio→初回起動

Android Studio 2.0の初期設定は以上です。

これでAndroidアプリの開発環境が整いました。あとはプロジェクトを作成しプログラムを実装していけばアプリが完成するでしょう。

Android Studioをインストールしたら動作確認もかねてプロジェクトの作成方法とエミュレーターの起動までをやってみたいと思います。
スポンサーリンク

シェアする